--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-09-08(Fri)

ジャンボ肉まんは心を和ます

今日のお話を読む前に前回のお話を読んでおくと、よりお楽しみいただけるかと思います。





今日はまたもやジャンボ肉まんの名付け親、瀬野くんとのシフトでした。

最近おでんがセールということで大変忙しいわけですが、

相変わらず趣味の人間観察に勤しんでいました。




働き始めて数時間が経過したときのこと。


だいぶお客さんも減り落ち着いてきたので、瀬野くんと雑談を交わしていました。


私:「今日バカみたいにおでん売れるね~。」


瀬野くん:「そうっすね。もう在庫なくなりますよ~。」


私:「ってか肉まん類全部廃棄なんだけど!」


瀬野くん:「マジっすか!?皆おでんに気を取られて肉まん買わないですもんね。」


私:「・・・ジャンボ肉まん発売すれば売れるかもよ?ヒヒヒ。」


瀬野くん:「ヒヒヒ。そうですね。まぁあの女が全部買い込むでしょうけどね。」


私:「グヒヒヒヒヒ。」


瀬野くん:「グヒヒヒヒヒ。」




そうこう話していると、一人の女性がレジへとやって来ました。



私:「いらっしゃいませ。」



女性は無言でレジに商品を置き、再び売り場へと戻っていきました。



全部選んでからレジに持ってきてー。と思いながら瀬野くんの方をチラっと見ると、

瀬野くんが何やらニヤニヤした顔で女性の後姿を見ているではありませんか。



私:「瀬野くん、どしたの?」(小声で)


瀬野くん:「ヒヒヒ・・・ジャンボ肉まんだ・・・。」


私:「?????」



もう一度女性の後姿を凝視すると、驚いたことに先日のあのジャンボ肉まんと瓜二つではありませんか。



しかし、服装は上下パジャマにサンダル。


まさか同一人物ではあるまい。



数分後、女性は再びレジへとやって来ました。



私:「ありがとうございます。以上でよろしいでしょうか?」


女性:「はい、すみません。」




見た目とは裏腹に、大変愛想がいい女性。


顔を見ると、完全ノーメイクでした。



・・・まさかあのジャンボ肉まんはノーメイクだとこうなるのか?



ポカーンと考えながらレジを済ませ、女性は丁寧に釣りを受け取り帰っていきました。



私:「もしかして今の人この前のジャンボ肉まんなのかな?」


瀬野くん:「・・・・・ヒヒヒヒヒ。そんなわけないじゃないですか~。

      明らかに今の人のほうが年上ですし。」


私:「じゃ、じゃあ何でジャンボ肉まんって言ったのよ!」


瀬野くん:「あの人にもジャンボ肉まん付いてたから・・・。ヒヒヒ。」


私:「・・・。」



どうやら瀬野くんはジャンボ肉まんという単語をたいそう気に入ったらしく、

ふくよかな女性を見つけては、ジャンボ肉まんジャンボ肉まんジャンボ肉まん・・・と

呟くようになってしまったのです。

ひ、ひどい!女の敵だわ!ムキー!



そして、シフトも終わりに近づいた頃、10代後半位のカップルがレジへとやって来ました。


レジをしたのは、私と深夜の伊賀くん。


伊賀くん:「いらっしゃいませ。」


女:「・・・。」


無言で商品を放り投げる女。


伊賀くん:「258円のお買い上げです。」


女:「・・・。」


こちらに小銭を放り投げる女。


伊賀くん:「・・・。」


小銭を確認する伊賀くん。


伊賀くん:「あの、あと100円足りないんですけど。」


怖いものなど何も無いわ、という目つきで伊賀くんを見上げる女。


そして一言。


女:「はぁ?」



一瞬血管が浮き出る伊賀くん。


横でそれを不安そうに見つめる私。


伊賀くん:「・・・。」


両手を強く握り締める伊賀くん。


横でそれをさらに不安そうに見つめる私。





y0909.jpg

painted by ちょもらんま






女:「ってかこいつ158円って言ったよね?」


見下したような目でこちらを見つめながら男にそう呟く女。


男:「言ってないよ。早く払えって。」


半ば呆れ顔の男。


伊賀くん:「・・・。」


一点を見つめたまま動かなくなった伊賀くん。


横で震える私。


女:「・・・。」


無言で小銭を投げる女。


女:「はぁ。ってかさぁ・・・・・。」


男に内緒話を始める女。


男:「・・・。」


それを冷めた目で聞く男。


伊賀くん:「・・・。」


無言で小銭を受け取りレジを打つ伊賀くん。


横で震えながら小さな声で「ありがとうございます。」という私。


怖いもの無しの表情で商品を受け取り、店を後にする女。


ピンポーンピンポーン。


静かに鳴り響くチャイム。




伊賀くん:「あいつバカだな。」


冷たい声で一言。


私:「そ、そうですね。」


伊賀くん:「・・・。」


私:「まぁまだ子供みたいでしたしね。」


伊賀くん:「・・・。」


私:「・・・あ、瀬野く~ん!さっきのお客さん酷かったんだよ~!」


瀬野くん:「・・・ジャンボ肉まんでしたか?」



出た!ジャンボ肉まん!



私:「あいにくジャンボ肉まんではなかったけど、顔はジャンボ肉まん並だったよ~!

   あれで太ってたら完璧だったね!」


瀬野くん:「ウヒヒヒヒヒヒ!」


伊賀くん:「・・・ジャンボ肉まんって何?」


私:「かくかくしかじかでですね・・・・・。」


伊賀くん:「ウヒヒヒヒヒヒ!そりゃ最高だね!

      いやーさっきのもかなりムカついたけどジャンボ肉まんよりはマシだわ!

      ウケるわ~。」




ジャンボ肉まんは伊賀くんの損ねられた機嫌をも直してしまう、

素晴らしい肉まんなのでした。



どこかで発売してくれないかなー(*`▽´*)







追伸


いつも絵を描いてくれているちょもらんま=私なのではないか、
というメッセージが最近多く寄せられますが
ちょもらんまは私の幼稚園の頃からの親友です。

ちなみに私の絵は見れたもんじゃないっす(*`▽´*)
絵心ゼロっす(*`▽´*)
見たいと言う人がいるならUPしてもいいですよ(*`▽´*)
ひひひひひ・・・・・。






管理人にエールを送る
←感想などはこちらか、右のメールフォームからお願いします。



ランキング

おもしろかったら↑を押して私に元気をください。









スポンサーサイト
学生ボード

登場人物
主な登場人物紹介

mixi

こちらです。

マイミクさん歓迎します。敷居低いのでドシドシどぞ。

怪しげなコミュ作りました。ヒヒヒ。

バナー

ご自由にお使いください。 作ってくれた皆様、本当にありがとう。 Shootaさん
樒さん

匿名希望さん
ももじさん

プロフィール

ゆうな

Author:ゆうな
コンビニ復帰しました^^

某コンビニエンスストアで働いている大学生が書いているブログです。
店で遭遇したおもしろいお客さんのお話や店員のお話、たまに日記などを綴ります。



最近は、ホテルでのバイトの話も書いてます。

酒が好きです。
一人で映画に行くことが好きです。
パソコンが好きです。
年中ダイエットしてます。
ドライブが好きです。
貧乏です。
働くのが好きです。
部屋が汚いです。
旅が好きです。
東京に就職決まりました。



そんな女子大生が書いてます。


↓写メ付きブログも更新中↓

大学生コンビニ店員の写真館




リンクはフリーですのでご自由に。
もう遠慮せずに貼りまくってください。

相互リンクは現在受け付けておりません。





↑クリックしたら追加完了!




誕生日:10月3日

生まれた所:ポンジュースなところ

現住所:ひみつ☆

職業:大学生

趣味:人間観察

特技:愛想笑い

メール:daigakusei_konbini☆yahoo.co.jp



リンク
カテゴリー
過去ログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。