--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-07-30(Mon)

自責

1.出会い

2.初デート



[あらすじ]

付き合う前のお話です。
コンビニでナンパ(?)され電話番号を交換し、初デート当日。
二人は彼行きつけの居酒屋で食事を済ませました。





私たちは少し恥をかきながら店を後にしました。


私:「おいしかったね。ご馳走さま。」

彼氏:「なかなかおいしいだろ?特にビーフストロガノフが。」



吐きそうな顔しながら食べてたくせに。



私:「う、うん。おいしかった!」

彼氏:「もう帰る?」

私:「そうだね。もう遅いし。明日仕事でしょ?」

彼氏:「うん。じゃあ家まで送るよ。」


二人ともかなり呑んでいたため、千鳥足で私の家まで向かいました。

歩けば歩くほど酔いが回ってきているような気がしました。



私:「グイヒヒヒヒ。しかし今日はよく呑んだねぇ。」

彼氏:「ヒヒヒヒ。うんうん。」

私:「あ、そこの角の家がうちだよ。」

彼氏:「そうなんだ^^」

私:「じゃ、ここでいいよ。ありがとう。」

彼氏:「え?」

私:「え?」

彼氏:「・・・。」(もじもじ)

私:「・・・汚いけどお茶でも飲んで行く?」

彼氏:「うん!」



私は大急ぎで部屋を片付け、彼氏を招き入れました。



彼氏:「へえ~。女の子の部屋って感じだね。」

私:「まあ女ですから。」

彼氏:「そりゃそうだ。」


・・・と、その時。



ポペポペポペポペ♪


メール着信音が鳴り響きました。



私:「誰だろう。」



携帯を開き、メールを確認する私。

















私:「・・・。」

彼氏:「どしたの?」

私:「・・・。」

彼氏:「???」

私:「元彼からだ・・・。」




別れを告げた元彼からのメールでした。



彼氏:「何の用件?」

私:「・・・最後に一回会いたいって。」

彼氏:「・・・え?」

私:「・・・。」

彼氏:「あ、会ってきなよ。会いたいって言ってるんだから。」

私:「で、でも・・・。」

彼氏:「俺もう帰るしさ!向こうも未練があるんだよ。だってお前が一方的に振ったんだろ?」

私:「うん・・・。でも・・・。」

彼氏:「ほら、メール返しなって。」

私:「いや、もう会わない。」

彼氏:「どうして?」

私:「だって、もう別れるって決めて別れを告げたわけだし、会ったとしても何も解決しないよ。」

彼氏:「そうかな・・・。」

私:「私経験あるもん。最後だから会わせてって言って会った元彼いたけど結局苦しくなっただけだった。別れが辛くなっただけだったもん。」

彼氏:「うーん。」

私:「だから会わないのがあいつのためだと思う。」

彼氏:「・・・それはお前の勝手なんじゃないか?自分を傷つけたくないだけなんじゃないか?」

私:「違う。・・・そんなことない。」

彼氏:「そうか・・・。」




私は「もう会うつもりはありません。」とだけ打ち、送信しました。



私:「こうするしかなかったんだよ。」

彼氏:「・・・。」


その1分後、私の携帯に着信が・・・。



私:「元彼からだ・・・。」

彼氏:「出ないの?」

私:「うん・・・。」

彼氏:「どうして?」

私:「ここで話したとしても何も解決しない。私の気持ちは戻らないんだから話しても仕方がない。」

彼氏:「・・・逃げてるだけじゃん。」

私:「ち、違うもん!」



1分ほど鳴り響いた後、私の携帯は静かになりました。

しかし、数秒後、再び着信。


私:「・・・。」

彼氏:「・・・。」



また1分ほど鳴り響いた後、切れました。

そしてその数秒後・・・。



ピンポーン。



部屋のチャイムが鳴りました。




私:「・・・。」

彼氏:「来たんじゃない?」

私:「・・・出ない。出たとしても解決しない。」

彼氏:「・・・。」



そして再び・・・

ピンポーンピンポンピンポン!

ドンドンドンドンドン!!!!!!!



激しくチャイムを鳴らす音と、ドアを叩く音が・・・。



私:「・・・ちょ、やりすぎでしょ・・・。」

彼氏:「やっぱり出たほうが・・・。」

私:「・・・。」



ドンドンドン!

ガチャガチャガチャ!!!


ドン!!!!!!!!!!!!!!




最後はドアを蹴る音でした。


私:「・・・え?」

彼氏:「ヤバイね。相当イッてるね。キレてるわ。」

私:「・・・やっぱり出たほうがいいかな?」

彼氏:「いや、やめとけ。もし何かされたらどうする?」

私:「う、うん。」



一瞬静かになった後、今度は携帯に着信が。


出ないと分かると、メールが入ってきました。



私:「・・・。」

彼氏:「何て書いてるの?」

私:「・・・まさか浮気してるとはな。殺してやりたい。だって・・・。」

彼氏:「・・・。」

私:「浮気って・・・。もう別れてるのに。」

彼氏:「別れるって納得してないからだろ。」

私:「・・・。」

彼氏:「メール返したほうがいいぞ。」

私:「うん。」



「浮気はしてません。ごめんなさい。もう付き合えません。」


すぐ送信しました。


そしてすぐ返信が・・・。


私:「お前のせいで俺の人生台無しだ。最悪。殺したい。今までの貴重な時間返せ。死ね。だって・・・。」

彼氏:「ヤバイな・・・。」

私:「グスン・・・。」

彼氏:「泣くなって。お前に非があるのは本当のことなんだから。」

私:「で、でも・・・。」



そしてそれからも何十回と着信&チャイム&ドアノックの嵐が・・・。


私:「やっぱり出て話したほうがいいかな?」

彼氏:「やめておけって。尋常じゃないよ。さっきから・・・。」

私:「うん・・・。」

彼氏:「よし、俺が行って話つけてやるから。」

私:「え!?」

彼氏:「よいしょっと。」


おもむろに立ち上がる彼氏。


私:「ちょ・・・やめて!それだけはやめて!」

彼氏:「どうして?」

私:「私の問題だから。」

彼氏:「いいって!俺が一言いえば済むことだろ?」

私:「いいから。」





私は携帯の電源を切り、居留守を使い続け、元彼が帰るまで二人で気まずい時間を過ごしました。


気が付くともう明け方でした。



私:「・・・本当にごめんね。」

彼氏:「いいよ。」

私:「ごめん・・・。私がはっきり言わなかったから。」

彼氏:「いいって。」

私:「やっぱり逃げてたんだね。悪者になりたくなかったんだよ。私。」

彼氏:「・・・。」

私:「最低だ・・・。」

彼氏:「あんまり責めるなって。」

私:「ごめん・・・。」

彼氏:「こんな時に言うことじゃないと思うんだけど・・・、俺○○のこと好きだから。」

私:「うん・・・。」

彼氏:「もしかして気づいてた?」

私:「うん・・・。ははっ。」

彼氏:「返事とかはまだいいから。とりあえず落ち着きなよ。何かあったらまた連絡してきて。」

私:「うん。ホントごめんね。」

彼氏:「いいって。俺が好きでやってることだから。」

私:「うん。」

彼氏:「じゃ、仕事あるからそろそろ帰るね。」

私:「うん。」



彼氏はトボトボと帰っていきました。



最低な自分を責めることしかできないまま、化粧を落とす気力も泣くベッドに横たわり、そのまま眠ってしまっていたのでした・・・。



すみません、さらに次回に続きます。
次はとうとう元彼がストーカー化してしまいます・・・。



ランキング










東京オフ、まだ人数に余裕があるので参加したい方は、

daigakusei_konbini@yahoo.co.jp

までメールを^^

最大50名くらいまで来られます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

元彼なかなかホラー的行動すね・・・。

でも、マァのかっこよさ伝わりました!!

>あぉさん

やっぱり私が悪いわけで何もいえませんでしたよ^^;
次回の更新みたら怒り心頭かもしれませんが。笑


>chanさん

はい、私が悪いのは100も承知です><
たぶんあいつからはそんな風に思われてるんだろうな~。


>kazzyさん

リアルに死ねって初めて言われました。笑
まあ私が悪いんで当然ですけどね。


>レクターさん

次回のほうがもっと怖いですよ・・・。


>daiさん

現在もあちこちで私のことかぎまわってるみたいですよ^^;
このブログももしかしたら見られてるかも。
ミクシーに足跡あったんで。


>ななさん

文才ないんですみません><

は、はいー!!!ななさんのおっしゃる通りでございます。


>あこさん

ありがとうございます^^

ゆうなさんの事を責める人がいますが、
これは過去の事で、ゆうなさんはもう充分
自分を責めたと思います。
それに、私もよく知りませんが
どういう経緯でゆうなさんが別れを決意するに
至ったかとか、ゆうなさんの気持ちなど、
深く知らないで責めるのはどうかと思います。
ゆうなさん、これからも彼とお幸せに!

やっぱり、文おかしい。

別れ方もおかしい。死ねっていわれても仕方ない。男の言う通り逃げてるだけだ。

>>あぉさん

>そういうときは自分がたとえ悪くても「お前に非があるのは本当のことなんだから」とか責めるようなこと言ってほしくないな~って私は思いました。
自分がそういわれたら、なんでこういうときに慰めてくれないの?冷たくない?って思って付き合えないです(笑
って元彼こわー。



俺は「お前に非があるのは本当のことなんだから」っていうところで涙した。
マンガかよww男の俺でも惚れますた。ゆうなさんお幸せに。
しかし元彼こわ~wもう現在は大丈夫なんでしょうけどほんとお気をつけて・・・。なにが起こるかわかんないっすよ・・・あ、、マァ殿がいるから大丈夫かwくっ!おのろけかよ!!!
そして初めまして。毎回楽しく読ませていただいてます。

うわ~
元彼怖いですねぇ

はは・・・、今回の内容は少し重かったですね・・・。

とりわけ、以前にブログにも登場した元彼との別れが、
ここまで悲惨な形であったとは思いもよりませんでした。

少し間の抜けたキャラで嫌いではなかったのですが、
いくらなんでも別れ際に「死ね」はないですよね。
最近の男の別れ際は情けないのが多いすぎ・・・。

それに比して彼氏さんは男らしい態度でしたね。
しかし、ナゼこの彼がマァになるんだろうな(苦笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

一方的に別れ告げられた元彼の気持ちも分かるよ。。

オレの元カノも自分勝手を絵に書いたヤツだったもん。。
ホントに殺意しか沸かなかった気持ち、分かってないのは元カノとそいつの味方してる取巻きだけ。。
元カノの遊びたい欲が原因で別れたのに、何をどぅ周りに言ったのか知らんけど完全にオレだけ悪者で。。


しかもオレが元ヤン&チンピラ上がりなの知ってるからオレには誰も直接文句言えないのなw


そんなこんなで、今でも元カノ&パパママは仲良くやってますwww

完全に別れてるけど( ̄▽ ̄;A

そういうときは自分がたとえ悪くても「お前に非があるのは本当のことなんだから」とか責めるようなこと言ってほしくないな~って私は思いました。
自分がそういわれたら、なんでこういうときに慰めてくれないの?冷たくない?って思って付き合えないです(笑
って元彼こわー。

>taskさん

どうも^^

>ちょもらんま

そうそう!それそれ!笑

>めぐさん

最初は頼もしかったです。笑
書籍化・・・印税。ニヤリ


>S-Tさん

その通り><


>ぶーちゃん

だろ?

マァかっこいい

相手の気持ち汲むこともなしに一方的にって最悪やね。

彼氏さん頼もしいじゃないですか!!★
ちょっとうるる( ; _ ; )ときました。
元彼が逆に恋のキューピット的存在になってきそぅ♡
ゆうなさんのブログ書籍化しないかなぁッ♪

元彼ー!!怖すぎ(笑)
マックで聞いたのこれか…!

やべぇ。面白すぎ。
お気に入り登録します笑
学生ボード

登場人物
主な登場人物紹介

mixi

こちらです。

マイミクさん歓迎します。敷居低いのでドシドシどぞ。

怪しげなコミュ作りました。ヒヒヒ。

バナー

ご自由にお使いください。 作ってくれた皆様、本当にありがとう。 Shootaさん
樒さん

匿名希望さん
ももじさん

プロフィール

ゆうな

Author:ゆうな
コンビニ復帰しました^^

某コンビニエンスストアで働いている大学生が書いているブログです。
店で遭遇したおもしろいお客さんのお話や店員のお話、たまに日記などを綴ります。



最近は、ホテルでのバイトの話も書いてます。

酒が好きです。
一人で映画に行くことが好きです。
パソコンが好きです。
年中ダイエットしてます。
ドライブが好きです。
貧乏です。
働くのが好きです。
部屋が汚いです。
旅が好きです。
東京に就職決まりました。



そんな女子大生が書いてます。


↓写メ付きブログも更新中↓

大学生コンビニ店員の写真館




リンクはフリーですのでご自由に。
もう遠慮せずに貼りまくってください。

相互リンクは現在受け付けておりません。





↑クリックしたら追加完了!




誕生日:10月3日

生まれた所:ポンジュースなところ

現住所:ひみつ☆

職業:大学生

趣味:人間観察

特技:愛想笑い

メール:daigakusei_konbini☆yahoo.co.jp



リンク
カテゴリー
過去ログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。