--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-05-24(Thu)

最近の年配の者は!

最近の若い者は!というお怒りの言葉をよく年配の方の口から耳にしますが・・・。


昨日最近の年配の者は!

と思うような年配の方が3人ほど来られました。


まず一人目。


50代くらいのおじさんでした。



小田くん:「いらっしゃいませー。」


おじさん:「この振込みよろしくね~。」



そう言いながら振込用紙を出すおじさん。




小田くんはそれをレジに通しました。


小田くん:「6千○○円です。」


おじさん:「はいよ~。」



ペロッペロペロッ。


激しく指を舐めるおじさん。それはもう光るくらいに。


それからテカテカと光る右手の指を財布へと突っ込み、札を乱暴に取り出しました。


そしてまたもやペロペロペロッと指を舐め、

無造作に札をカウンターの上に置きました。

ペロペロペロッとした割にはおじさんは札を数えませんでした。




って明らかに指舐める必要ないだろー。

心なしか札の色が変わってるような気がするよー。

絶対湿ってるよー。




おじさん:「えっとこれで6千円ね。あと千円出すからね。」



そう言いながら、またも指をペロペロするおじさん。


財布から残りの千円を取り出しカウンターの上に置きました。




小田くん:「お、お預かりします。」



さすがの小田くんも札を触るのをためらっている様子でした。

極力札を触らないようにして、7千円をレジの中に収納する小田くん。


そう・・・この行為が過ちだったと気づくのはもう少し後のことなのでした。





小田くん:「ありがとうございます。またお越しくださいませ。」


私:「ありがとうございます。」




おじさんを見送った後のことです。



小田くん:「ってかありえないでしょ!あんなに舐めるなんて!」


私:「あ、あはは・・。」


小田くん:「僕札が7枚あるか確認しなかったんですけど大丈夫かなぁ・・・。」




小田くんは先ほど預かった7千円を確かめ始めました。




小田くん「1,2,3・・・・・6!」


私:「?」


小田くん:「しまったー!6枚しか無いー!」


私:「ええっ!?」


小田くん:「汚くて確認しなかったんです・・・。7千円あると思ったのに6千円しかありません・・・。」


私:「マジでぇ!?ヤバイじゃん!」


小田くん:「だってあんなに唾液だらけの札を触る気になりますか?」




落としたからあげ洗って食べようとしていた奴が何を言う!





私:「うーん・・・私だったら触るね。」


小田くん:「はぁ、仕方ないですよ。後で千円入れておきます。」


私:「仕方ないよね・・・。」


小田くん:「ってかあのおじさん絶対常習犯ですよ!

      まずあれだけ指を舐めて店員のやる気を失くす!

      そして札の出し方にもコツがありましたよね?

      先に6千円・・・本当は5千円だったんですけど・・・を出して、あとから千円を出すという手法!

      あれはプロの手口ですよ。」


私:「うーん、確かにあのペロペロは異常だったよなぁ。」


小田くん:「あのじじい・・・!」




おじさんがわざとやったのかそうでないのかはわかりませんが、確認しなかった小田くんが悪いということで、小田くんは千円を払うはめになりました。


かわいそー。




とまぁ1人目の年配の方の話はこんな感じ。


そして2人目はというと。


その人は団塊世代のおじさんでした。




小田くん:「いらっしゃいませ。」


おじさん:「おーい!ロンピー!」


小田くん:「はい?」


おじさん:「ロンピー!」


小田くん:「?」


おじさん:「ロンピーロンピーロンピー!バカ!分からねえのか!?」


小田くん:「・・・。」


私:「こちらでよろしいですか?」




おじさんはタバコのピース(通称ロングピース)を欲しがっていたのでした。




おじさん:「ちっ。」



もうこの時点でかなり凹んでいる小田くん。



小田くん:「こちらは温めますか?」


お弁当を温めるか確認する小田くん。


おじさん:「スーアツで!」


小田くん:「?」


おじさん:「スーアツだよ!」


小田くん:「熱くしろということですか?」


おじさん:「だからスーアツだって言ってるだろ!」





どうやらおじさんは独自の言い回ししか使うつもりが無いらしく・・・。



ってか熱めに温めてって言えばいい話なのに!意味分からん!




私:「かしこまりました。」



この時点でかなり頭にきていた私は、弁当をいつもの2倍の時間で温めました。


ひひひ・・・これは熱くて火傷するぞ・・・(*`▽´*)




おじさん:「これもスーアツね。」




そう言いながら玉子豆腐を差し出すおじさん。



えー!これも温めるの!?

前代未聞だよー。




小田くん:「えーっとこれは温められないと思うんですけど・・・。」


おじさん:「スーアツ!」


小田くん:「・・・かしこまりました。」




玉子豆腐のパッケージを開け、小田くんは私に手渡してきました。





もう知るか!レンジの中で玉子豆腐が爆発しても知らないぞ!




私は恐る恐る玉子豆腐をレンジに入れ、ボタンを押しました。



玉子豆腐は怪しげな音を立てながらレンジの中をグルグル。



・・・とその時!ついにやってしまいました。




バンッ!



玉子豆腐がレンジの中で大暴れしました。爆発。




それを無言でスーアツの弁当と一緒に袋に詰め込みおじさんに渡しました。


ほら!あんなの温めたら爆発するに決まってるじゃん!



私:「あのーちょっと爆発したみたいなんですけどいいんですか?」


おじさん:「別に。」




どうやら無理矢理温めさせた手前、おじさんは何も言えない様子でした。



フンッ(*`▽´*)




おじさん:「ちょっと君!君はどこの大学なんだい?」



帰るのかと思いきや、唐突に小田くんにそう尋ねるおじさん。




小田くん:「えっと○○大学ですが・・・。」


おじさん:「ぷっ。バカなんだね~。」


小田くん:「・・・はい、もっと勉強しておけばよかったですよ~。」


おじさん:「わっはっはっは~!」




笑いながらおじさんは外へと出て行きました。





私:「何今のじじい!ありえないでしょ!」


小田くん:「まぁホントのことですし・・・。」


私:「でも小田くんの大学って県内唯一の国立大学じゃん?名門だよ!?

   私の大学と比べてみなよー。」


小田くん:「まあ言いたい奴には言わせておけですよ~。」




・・・大人。






そして3人目。



こちらも団塊世代と思われるおじさん。




私:「いらっしゃいませー。」


おじさん:「マイセン1カートン。」


私:「かしこまりました。ライターはお付けしましょうか?」


おじさん:「うん。」





私はサービスのライターを手に持ち、袋へと入れようとしました。


すると・・・。



おじさん:「ちょっと待って!それって電子ライターじゃないよね?」


私:「は、はい。」


おじさん:「電子ライターがいいんだけど。」


私:「すみません、電子ライターは無いんですが・・・。」


おじさん:「じゃああの売り物のちょうだい。」


私:「それはちょっと・・・。」


おじさん:「はぁ!?」


私:「すみません。」




おじさんはサービスのライターにケチをつけ怒りはじめました。




おじさん:「けっ、こんな店で買うんじゃなかったよ。最悪。」




おじさんはそう言い残し帰っていきました。





私:「ムキムキムキ・・・。」






最近の若者は・・・ではなく、

最近の年配は・・・。



とぼやきたくなった一日でした。


・・・私って沸点低すぎ?





最後に今日の小田くん。




小田くん:「あー腕がチクチクして気持ち悪いなぁ。」


私:「どうしたの?」


小田くん:「いやあちょっと。」


私:「???」


小田くん:「実は昨日腕の毛全部剃っちゃったんですよね~気になって!

      あははははははー!」




こらー!腕毛を剃るなー!あんたはアイドルかー!




私:「・・・正直キモイね。」


小田くん:「ヒハハハハ!確かに!」




いやーさすが小田くんでした(*`▽´*)











管理人にエールを送る
←コメント恥ずかしい方はこちらから。




ランキング

↑このブログを楽しめた人だけが押してください(*`▽´*)








スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

初めまして。良い雰囲気のある記事ばかりで、読んでいて心地よかったです。久しぶりにリンクを増やしてしまいました。これからも楽しい記事を期待しています(´ー`)ノ

(゜Д°)………!ムカツク!なんすかそのオヤジ……
殺意が芽生えましたよ…
よく抑えられましたね……自分なら暴挙にでてました……

二番目のタバコの名前省略するのってどうなんでしょうね~
私はセブンスター吸ってるんですけど「セッタ」って略して通じなかったら、なんかこっちが逆に恥ずかしくなっちゃうんですけどね。。

ちなみに、ロングピースはめっちゃキツイのだったと思うから慣れない人は手を出さないよーにっ!!

ムキーーーーっすね(×ω×;)
ほんとお店でバイトしてると理不尽なやついっぱいいますよね!!!!!ムキーーー
・・・
で最後はいつもの小田くん(笑)おもろすぎ。。

>かつさん

了解しました!

こんにちはw
いつも楽しく読んでいますw
かつチャンネルのかつですw
この度ブログを移転させましたw

もしよかったらお手数ですがリンクを変更していただけると非常にありがたいですw

かつ@自由空間
http://ilovepeace.blog90.fc2.com/

はじめましてー

本当に最近の年配者は‥‥って感じですね。ムカつくなってほうが難しいですね(・∀・)
負けないで頑張って下さい!

はじめまして。
俺もコンビニでバイトしてたことあるんだけど、よくわかります!明らかに年配のほうが態度悪いですよね。バイトの先輩は初めての頃、「会社では言われてるんだし、コンビニでくらいいばらせてやろうよ」って言ってました。大人ー。

でも、俺ならそんなことされたらキレます。
特に2番目。
商品を持ってきて、望みのタバコがなかったら「はぁ?もういいわ」と言って商品ほったらかして帰った客はいました。

沸点低くないですよ!
年配の方ってかなり融通効かないですよね…(-_-;)
奴らは『謙遜』とか『譲歩』って言葉を知らないんですかね(´∀`)Ξ〇)´Д`)
そんなのに負けないで頑張って下さい(〇^□^)

うわぁ…オイラが知らん間にゆうにゃさまが復活してる。お帰りなさい。ネットの世界。


ご老体方は最近の若者はというけど、そのもとを作ってきたのはアンタ等だ!!と言ってやりたいですよね。
あと、カッコ付けて若者言葉風に話し、訳わからない言葉を誕生させたりと。
まったく、困ったもんですわぁ。

あたしもバイト中同じことよくあります!!
お客様はなんでもしてもらえるって思っててすごいイライラしますよね。
ゆうなさん全然沸点ひくくないですよ!

別に沸点低くないと思いますよ?
俺も絶対にキレてそうですし。

それにしても、小田くんはサイコーですね(*`▽´*)
学生ボード

登場人物
主な登場人物紹介

mixi

こちらです。

マイミクさん歓迎します。敷居低いのでドシドシどぞ。

怪しげなコミュ作りました。ヒヒヒ。

バナー

ご自由にお使いください。 作ってくれた皆様、本当にありがとう。 Shootaさん
樒さん

匿名希望さん
ももじさん

プロフィール

ゆうな

Author:ゆうな
コンビニ復帰しました^^

某コンビニエンスストアで働いている大学生が書いているブログです。
店で遭遇したおもしろいお客さんのお話や店員のお話、たまに日記などを綴ります。



最近は、ホテルでのバイトの話も書いてます。

酒が好きです。
一人で映画に行くことが好きです。
パソコンが好きです。
年中ダイエットしてます。
ドライブが好きです。
貧乏です。
働くのが好きです。
部屋が汚いです。
旅が好きです。
東京に就職決まりました。



そんな女子大生が書いてます。


↓写メ付きブログも更新中↓

大学生コンビニ店員の写真館




リンクはフリーですのでご自由に。
もう遠慮せずに貼りまくってください。

相互リンクは現在受け付けておりません。





↑クリックしたら追加完了!




誕生日:10月3日

生まれた所:ポンジュースなところ

現住所:ひみつ☆

職業:大学生

趣味:人間観察

特技:愛想笑い

メール:daigakusei_konbini☆yahoo.co.jp



リンク
カテゴリー
過去ログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。